挑戦の機会はアウトプットと行動量の先にある。

アルバイトから未経験のWebデザイナーへ。

2016年中途澁澤 史哉

開発部 デザイナー / 明治大学卒業

挑戦の機会はアウトプットと行動量の先にある。

〜アルバイトから未経験のWebデザイナーへ〜

2016年中途澁澤 史哉

開発部 デザイナー / 明治大学卒業

History

明治大学入学

200人くらいいるテニスサークルに入部し、個人には得意不得意があり、チームワークを高めるためには役割に徹することが重要だと学ぶ。

小1で初めて感じたアイデンティティ

父の仕事の関係で小1の時3ヶ月サンフランシスコに滞在。人種差別のいじめにあい、人種的なアイデンティティについて強く意識するように。

働き方から見直すために、ワーホリへ!

たくさんの職種を経験できるワーキングホリデイという手段を選び、オーストラリアへ。1年間の滞在中、4職種経験した。「自分の仕事に誇りを持っているか」を大切にするオーストラリア人に影響され、そのマインドで自分も働くことを決意。

半導体の専門商社に入社

電機メーカーの新規開拓担当に。爆弾処理班的な仕事の連続の中で、答えのない状況の乗り切り方を習得する。2年半働いたのち退職。

デザイナーとして正社員登用

課題へのコミット力とインプットの熱心さを評価され、自身もより開発側に立ってサービスに関わりたいと思うようになっていたことから、半年後に開発本部デザイン部へ。

basicにアルバイトとしてジョイン(2016年1月)

成長市場で通用する圧倒的専門スキルが必要だと思い、異業種未経験でITベンチャーへ。最初はマーケティングオートメーションツールのferret One部のカスタマーサポート(CS)のチームに配属。

2016年第3四半期開発部門MVP受賞

新サービスのフロントコーディングや全てのランディングページの作成から実装までをエンジニアと連携しながら実現し、それらのドキュメント化も同時に進め、仕組み化・体系化に大きく貢献。フロントのできるUXデザイナーとして超短期間で市場でも稀有なレベルまで成長した。

社員の声

MEMBER

History

小1で初めて感じたアイデンティティ

父の仕事の関係で小1の時3ヶ月サンフランシスコに滞在。人種差別のいじめにあい、人種的なアイデンティティについて強く意識するように。

明治大学入学

200人くらいいるテニスサークルに入部し、個人には得意不得意があり、チームワークを高めるためには役割に徹することが重要だと学ぶ。

半導体の専門商社に入社

電機メーカーの新規開拓担当に。爆弾処理班的な仕事の連続の中で、答えのない状況の乗り切り方を習得する。2年半働いたのち退職。

働き方から見直すために、ワーホリへ!

たくさんの職種を経験できるワーキングホリデイという手段を選び、オーストラリアへ。1年間の滞在中、4職種経験した。「自分の仕事に誇りを持っているか」を大切にするオーストラリア人に影響され、そのマインドで自分も働くことを決意。

basicにアルバイトとしてジョイン(2016年1月)

成長市場で通用する圧倒的専門スキルが必要だと思い、異業種未経験でITベンチャーへ。最初はマーケティングオートメーションツールのferret One部のカスタマーサポート(CS)のチームに配属。

デザイナーとして正社員登用

課題へのコミット力とインプットの熱心さを評価され、自身もより開発側に立ってサービスに関わりたいと思うようになっていたことから、半年後に開発本部デザイン部へ。

2016年第3四半期開発部門MVP受賞

新サービスのフロントコーディングや全てのランディングページの作成から実装までをエンジニアと連携しながら実現し、それらのドキュメント化も同時に進め、仕組み化・体系化に大きく貢献。フロントのできるUXデザイナーとして超短期間で市場でも稀有なレベルまで成長した。

社員の声

MEMBER

大事なことはチームでいいものが出せるかどうか。だから100点よりも50点でまずは出す。

自分にとってはデザインという分野が未経験だったこともあり、アウトプットするときも100点で出すことよりも、50点でも早く出してそれをブラッシュアップすることを重視しています。なぜなら、最終的にチームとしていいものが出せるかが重要だからです。ですがもちろん乱暴に何でも出せばいいわけではありません。立場や役割が変われば自分が知っておくべき知識は何か、持つべき姿勢は何か、ということも変わってくると思いますし、それによってすべき行動も決まってくると思います。だから局面ごとに「自分に何が足りないか」ということを常に確認し、それに応じてインプットを増やすこと。これは当然だと思っています。チャレンジングだとかキツいとか思うことはあまりないです。チームに必要なのであればやるのみ!という気持ちでやっています。

デザイナーだからこそ必要なのはロジカルに考える&伝える力。

まずそのプロジェクトがどんな目的で取り組むのかを理解することです。基本的なことだと思いますが、意外と流されてなあなあのまま進むことも少なくありません。デザインも同じで、どのような理由でこのデザインにしたのか、この機能は何のために用意しているのか、それぞれ意味を持っているべきで、”なんとなく”では良い仕事はできません。技術はやった分だけある程度身につくと思いますが、姿勢についてはチームの環境に依るところも大きいと思います。こうしたロジカルな思考が大切だという共通認識がデザイン部にあるので、とても恵まれた環境にいると感じています。

明日会社が潰れても自走できる力を身につけるための20代

前職で解雇される人を間近で見てきたという生々しい経験が大きく影響していますが、明日会社が潰れても次の日から自走していける人材になるために、20代はそのための圧倒的専門スキルを身につける期間と位置づけています。デザイナーという職種は専門職である一方、サービスやクリエイティブ全体を見渡し統括できるポジションで、そのカバーする範囲は幅広い業務に渡ることから、実は同時にジェネラリストにもなれる職種ではないかと思っています。ベーシックのデザイン部としても、今後横断で会社全体のクリエィティブを見ていくという方向で動いているので、今置かれている環境はとても貴重だなと感じています。

こんな人と働きたい!

”自分よりレベルの高い何か”を持っている人と働きたいです。これは別に年齢は関係ありません。例えば写真の撮り方がとてもうまい子に、「教えてください!」と言って教えてもらっていたりします。お互いに影響し合えたらいいなと思うので、譲れないものを持っていてそれをアピールできるくらいの気概がある人がいいですね。

イベント

EVENT

学生向けのイベントをやっています。

今年10月に新たに誕生したbasic bar。開放的はこの場所では日々アイデアが生まれている。しかし、夜になるとbarへと変化する。お酒が常備されており、皆がコミュニケーションを取るこの場所でベーシックの人事や社員と楽しく話してみませんか??

月に一度、Webマーケティング事業部が集まって行うLT。数名の登壇者が自分の自分の経験やWebマーケティングにおける知識を共有する。Webマーケティングで世の中の問題解決をするベーシックのさらなる発展につながるイベントとなっている。

月に一度、エンジニアが集まって行うTGIF。自分の過去の経験から、プログラミングに対する熱い思いまで語られるこのイベントではエンジニア同士の相互理解が図られている。(TGIFの様子はブログにて公開中)

basic bar

今年10月に新たに誕生したbasic bar。開放的はこの場所では日々アイデアが生まれている。しかし、夜になるとbarへと変化する。お酒が常備されており、皆がコミュニケーションを取るこの場所でベーシックの人事や社員と楽しく話してみませんか??

事業部LT

月に一度、Webマーケティング事業部が集まって行うLT。数名の登壇者が自分の自分の経験やWebマーケティングにおける知識を共有する。Webマーケティングで世の中の問題解決をするベーシックのさらなる発展につながるイベントとなっている。

TGIF LT

月に一度、エンジニアが集まって行うTGIF。自分の過去の経験から、プログラミングに対する熱い思いまで語られるこのイベントではエンジニア同士の相互理解が図られている。(TGIFの様子はブログにて公開中)

All the entries are here.

全てのエントリーはこちらから。

ベーシックでは本選考エントリーの他にも、オープンオフィスイベントやインターンシップなど、皆とコミュニケーションが取れる場を多数用意しております。まずは相互理解を深めるためにも、一歩を踏み出してみませんか?皆様からのエントリーをお待ちしております。

この内容で送信します。よろしいですか?