Original

僕がこの会社への入社を決めた3つの理由

こんにちは!

ベーシックのちょるること鈴木諒です!

3年生の皆さんはいかがお過ごしですか?
勉強したり、旅行に行ったり、バイトしたり、サマーインターンに参加したり、充実した日々を過ごしていると思います。

イベントや選考で就活生と話をすると、「なぜベーシックを選んだんですか?」と聞かれることが多いです(当然気になりますよね)。

今回は僕がベーシック入社を決めた理由を紹介したいと思います。
少しでも就活の参考になればと思います。

僕がベーシックに入社した理由は

・事業が多様であること

・理念に共感したこと

・人に惹かれたこと

の3つです。
 

事業が多様であること

これが最初にベーシックに興味を持ち始めたきっかけです。

3年生の6月頃に、ベーシックの会社説明を聞いたのですが、スマホケースのECもやっているし、うどん屋の海外展開支援もやっているということでなんか面白い!と興味を持ちました。

そこから就活を進めていき、自分の将来のことを考えても、いろんな事業をやっているということはいろいろなノウハウがあるということです。入社したらそれを手に入れられるんじゃないか、というのが一つ目の入社理由です。
 

理念に共感したこと

ベーシックの理念は「事業創造(問題解決)を通じて、独立独歩する人材を育成し、広く社会に貢献する。」というものです。

僕は、理念とはその会社の目指す方向性だと捉えています。僕は身内に自営業、職人が多いということで、自分も独立したいという願望があります。そんな中で、独立独歩できる人材を育成するという理念にはとても共感しました。
 

人に惹かれたこと

ベーシックを選んだ理由を1つだけ挙げて、と言われれば「人」と答えます。なので3つの中でも人が1番の決めてですね。じゃあどういう人なの?というと、「一人ひとりを尊重して、その人にとってベストは何かという考えで接してくれる人」です。

入社して実感しましたが、ベーシックは顧客にとっても、社員にとっても「その人にとってベストは何か」という視点で仕事をしています。それを就活生の時から感じることができたということ、そして代表の秋山さんに「うちにこいよ」と言われたこと(詳しくはこのブログに書いてます)に惹かれて入社を決めました。
 

まとめ

どんな人たちが、どこを目指し、何をしているのか」がしっかりとイメージできて、かつそのそれぞれに共感するところがあるというのがベーシック入社の決め手になりました。

就活解禁が近づくに連れて、自分の行きたい企業を真剣に考える人が増えてくるかと思います。そんな時に、企業の世間的なイメージではなく、各企業の理念や事業を知り、社員とコミュニケーションを取り、自分の働きたいところを見つけてほしいなと思います。

ではこのへんで、ほなほな!

 
鈴木諒(ちょるる)

鈴木諒(ちょるる)

高校生時代に競技ボウリングで世界大会へ出場/立命館大学経営学部国際経営学科/2016年4月に新卒としてベーシックへ入社/入社1ヶ月後に人事総務部に新卒採用担当として配属/全国各地で就活セミナーを行う

この内容で送信します。よろしいですか?