Original

【地方採用強化企画!】basic in Ritsを行いました!

こんにちは!
ベーシックのちょるること鈴木諒です!

先日1/13(金)に立命館大学・大阪いばらきキャンパスにて就活ワークショップを行いました!参加してくれた学生の皆さん、ありがとうございます^^

今回はワークショップの模様を写真と共にお伝えしていきたいと思います。

   

内定者によるアイスブレイク

今回は人事部長の新田さん、内定者のかんだっちこと神田、そして僕でセミナーを行いました。


最初はかんだっちによるアイスブレイク。アイスブレイクに入る前に、「愛」と「本気」について語っていました。「周りの参加者に対する愛」「熱量を持って全てのことを真剣に取り組みましょう」と。熱い男です。

そんな彼が行ってくれたアイスブレイクが「共通点探しゲーム」。ベーシックのワークショップでは定番(だと思っています)のゲームです。「出身は?」「昨日食べたもの!」「何フェチ?」と共通点を探すために、必死にみんなに質問をするので、お互いの理解も進みます。オススメです。

 

セミナー:就活とは?

僕が担当したこのパートでは、そもそも就活とは何かという話をしました。ここで伝えたのが、「就活は理想の自分を実現するための活動」ということ。就活は、「企業に就職するための活動」であるのは間違いないのですが、就職はあくまで手段ではないでしょうか。

まず自分が将来「こうなりたい!」という理想があって、それを実現することができる企業ってどこだろう?と考えることで、楽しくやりがいのある社会人生活を送れるのではないかなーと思っています。ですので、理想の自分から逆算して就職先を見つけることが大切であるということをお伝えしました。

   

自分の理想を考える「マンダラチャート」

 上で理想を描くということが大切だということを書きましたが、なかなか理想を描くというのは難しいと思います。ですので、それをサポートする2つのワークを行いました。1つ目がbasic in 香川でも行ったマンダラチャートの記入です。


彼女が書いているシートの通り、「プライベート」や「家族」、「経済」など理想を考える上での切り口が8つあるので、自分の理想が漠然としている人でもイメージしやすいものになっています。これが埋められると自分の理想がイメージできるようになってきます。

 

自分の理想をイメージする「4コマ漫画」

2つ目のワークが、マンダラチャートに書いた自分の理想を4コマ漫画にしてプレゼンするというワークです。マンダラチャートでいろんな切り口から理想を考えているとはいえ、文字で書いているだけだと、なかなかイメージしにくいと思います。ですので、イメージしやすいように、絵にして表現してもらいました。


勇気ある学生2名に4コマ漫画を発表してもらいましたが、自分が就活生の時に描いていたよりもはるかに鮮明にかけていたので驚きました。みんな優秀やなー。
 

 

今回このワークショップで伝えたかったこと

このワークショップを通じて、僕が伝えたかったことは「理想を描く」ということです。大なり小なり、「ああなりたい」「こんな人になりたい」という理想があると思います。

僕自身、理想はあったものの、とりあえず目の前の楽しいこと、やりたいことばかり行うタイプでしたが、理想を描き、それを叶えるために行動していくことの重要性を日々の中でひしひしと感じています。そして理想(ゴール)があると、そのため何をすべきかということが見えてくるということも理解し始めてきました。

正直、自分の理想は環境や、誰かの一言で変わると思います。僕も実際入社したばかりの時と、今では変わっています。でもそれはそれでちゃんと受け止め、じゃあ今何をすべきか、何を意識していけばいいのかを改めて考えれば良いと思います。


 

【イベントを一緒にやっていきたい学生さん募集!】
今回行ったbasic in Ritsや昨年行ったbasic in 香川では、現地の学生さんと一緒に企画を行ってきました。このようなイベント、ワークショップをやってほしい!一緒にやってみたい!企画した!という方はぜひ僕の方までご連絡いただけたらと思っています。



友達申請もお待ちしております!

では今回はこのへんで、ほなほな!

 

鈴木諒(ちょるる)

鈴木諒(ちょるる)

高校生時代に競技ボウリングで世界大会へ出場/立命館大学経営学部国際経営学科/2016年4月に新卒としてベーシックへ入社/入社1ヶ月後に人事総務部に新卒採用担当として配属/全国各地で就活セミナーを行う