Original

「休んだっていい、大学がすべてじゃないんだもん」”ヤスモン vol.1”イベントレポート

こんにちは!ベーシックのちょるること鈴木諒です!
チョコパイとエンゼルパイならエンゼルパイ派です。

10/4(水)にベーシック本社2階のbasic barにて休学をテーマにしたイベント「ヤスモンvol.1〜休んだっていい、大学がすべてじゃないんだもん〜」が開催されました。

 

ヤスモンとは

(主催者説明文より以下引用)

日々、大学生活を送る中でふいに訪れる疑問、「このままでいいのかな?」

それを解消するためのベストな選択はその人次第ですが、一つの手段として休学という選択肢もあります。

休学を経験したからこそ分かる、いわゆるその道の"プロ"とも呼べる学生さんをお招きし、プレゼンとパネルトーク形式で休学時の過ごし方の事例を紹介。

成功体験や失敗体験を通した『理想の休学』について楽しく学べる2時間です!

今回はこの4名によるパネルディスカッションの様子をお伝えします。

登壇者紹介

玉岡 真弥

株式会社サイバーエージェントのグループ企業、株式会社ハシゴにてインターン中!

 

矢野目 佳太

セブへの留学経験あり、現在はCodeCampにて勤務している。

 

大嶋 泰斗

ウィルフォワードを卒業後、HARESで編集者として活動する傍ら、TAMANI BAR TOKYOの運営などマルチに活躍する。

 

西井 香織

近畿大学薬学部6回生、NEWRON株式会社 代表取締役、休学中にビジコンや団体立ち上げなど事業創造経験多数!まさに休学のプロ!



生田 真崇(司会者)

株式会社つなぐ代表取締役『つなぐ大学』『ツナギバ』『w a k u w o r k e r』『まいにちGlitteR』運営

 

休学のプロ4名が考える休学のあり方とは

休学をする中で様々な経験をしてきた4名が、休学のあり方について話しました。

 

休学の準備

生田:僕の方から質問をして、4名から回答していただくという形でお願い致します。

ではまず、休学の準備について説明をしていただきたいと思うんですけども休学の準備でこれだけはしておけ!というものがあればお答えお願いたします。まずは玉岡さんからお願い致します。



 

玉岡:そうですね。「しておけ」というよりも「しといてよかった」というところで、僕はまず単位をめちゃめちゃとっていました。2年生の時に3年生の単位を取ったりだったりとか5日 × 5時間で毎日学校に行っていました。「今はとにかく単位」と思いながら単位取得に集中していました。

 

生田:

はい、ありがとうございます。矢野目さんどうですか。

 

矢野目:

準備の話なんですけど、僕は全く準備をしていなくて。。。休学するわーってなってとりあえずETICという起業家に関わるNPOがあるんですけども、そこがインターン生を派遣するプログラムをやっていて、そのイベントに参加しました。

今振り返ると国内におもしろいインターンはたくさんあるので調べてから行ってみるというのはお勧めだと思います。

 

生田:大嶋くんどうですか。

 

大嶋:僕から伝えたいことは「親との期待値のすり合わせについて」です。親が応援してくれる状態を作ることをお勧めします。



 

生田:西井さん、どうですか。

 

西井:何のために休学をするのかと言うのを先に決めて、ある程度スケジュールを決めてから動くのがいいかなと思いました。

自分の場合はスキルがないと思い、スキルを学んでから起業するんだと考え、そのためにどんなスキルが必要かと洗い出しました。そしてそのスキルがつくような長期インターンを探し、職場を決めてから休学をすることにしました。

 

休学をしてよかったこと

生田:ありがとうございます。続いての質問に行きます。休学をして1番良かったと思うことを教えてください。玉岡くんからお願いします

 

玉岡:そうですね。休学をする前はかなりの大手志向で、めっちゃ大手行きたいと思っていたんですけども、今は真逆でベンチャー行きたいベンチャー行きたいとなっていて、そこに対しての納得感も強く、その状態で就活に望めるというのはいいかなーと思っています。

 

生田:矢野目さんどうですか。

 

矢野目:

休学してインターンをして、自分が思い描いていたことと、実際の社会との違いに気がつけたことが良かったことだと思っています。

実際社会に出てみないことっていっぱいあるなと感じましたし、あんまり言えないですが、会社員ってもったないなと気がついたこと、これが一番大きかったなと思います。

 

生田:大嶋さん、どうですか。

 

大嶋:やりたいことに没頭できたというのが一番大きいかなと思います。休学で一度教育のレールから離れて、いろんなことやって、本当にやりたいことってなんだろうと突き詰めることができたのが良かったと思っています。

それによって横の繋がりもできたし、そういうやりたいことに没頭できるというのはすごい良いことだと思います。

 

生田:最後、西井さんお願いします。

 

西井:本当にやりたいことが見つかったのが良かったですかね。休学する前と今とでやっていることが全然違うので。

 

生田:はい、皆さんありがとうございます。じゃあ僕の方から皆さん(参加者)に質問なんですけど、就活について考えている人っています?



 

生田:お、ちょっといますね。あなたに聞きたいんですけど、大手とかベンチャーとかどっちが自分に合っているかというイメージはついていますか。

 

参加者A:ついてます。



 

生田:お、ついている!どっちですか?

 

参加者A:ベンチャーです。

 

生田:その心は?

 

参加者A:目に見える成果が出たとか、成績とかが反映されて、上がって行けるというイメージがあって、そういうところで働きたいと思っています。

 

生田:ありがとうございます。そんなあなたは是非ベーシックへ。

 

ちょるる:お待ちしております!

 

(会場笑)

 

生田:今この場にいる休学を考えている人の中には就活について考えていない人の方が圧倒的に多いですね。じゃあ就活は正直なんとかなるだろ、と楽観視してるのかな?

 

(会場うなずき)

 

生田:

そこは皆さんの共通項かもしれませんね。僕も超ポジティブ人間でなんとかなるだろというところがあるんですけども、ここにいる人たちもポジティブマインドが強いのかなと思います。

 

休学中にこれはやるな!

生田:じゃあ続いての質問に行きたいと思います。先ほどの質問とは逆で、休学する時にこれだけはやるな、やらない方が良いというものを教えてください。西井さん。

 

西井:難しい質問・・・挙手制でいかないですか。

 

(会場笑)

 

生田:じゃあ整った人からで!

 

大嶋:じゃあ僕が。こういう休学をするなというので言うと、現場がつまんないからとかと言う理由で逃げるための手段として休学をするのはやめた方がいいかなと思います。

自分のやりたいことありきで休学するのはいいんですけど、とりあえず休学すると言うのはやめた方が良いと思います。

 

玉岡:僕の意見は若干今の意見に反対っぽくなるんですが、僕はとりあえず休学派です。休学の期間ってものすごく楽しくて、単純に学生の時間が1年伸びるのが超幸せなんですよ。

誘惑とかいろんなものがあって遊んじゃうこともありますが、人の興味なんてやっていく内に変わっていくので、逆算して考えるとかも必要ないと思っています。

もともとは海外で英語を学んで、その後英語を活用して何かやって行きたいと思っていたのですが、実際は興味がベンチャーに逸れて、結果スタートアップで色々やっていました。

自分の考えていたことや方向性はやっていくうちに変わっていくので、いろんな誘惑に負けて遊んじゃうとかがなければ僕はなんでもいいかなと思っています。

 

生田:矢野目さん、どうでしょう?

 

矢野目:

僕もやりたいことないけど、とりあえずやってみると言うのが重要だと思っていて、僕も最初インターンを始めたときは商社に行きたいなーと考えていたんですね。あとは外資コンサル。

でも実際インターンをやっていく中で、ベンチャーに興味を持つようになっていきました。これって実際にやってみなければわからなかったことなんですよ。

あまりオススメしないのが、中途半端にやってしまうこと。周りでも週2ぐらいインターンをしている人がいたのですが、フルタイムでやるとおもしろい仕事を任せてもらえたり、実際の会社員としての働き方が理解できるので、せっかく休学するなら半年ぐらいちゃんとやった方がいいかなと思います。

西井:やるなということはないですけど、目的を持たないのはやめた方がいいと思います。

なんのためにやるのか、目標を常に考えることで、たとえ目標が達成できなかったとしても、目標を設定していないよりは確実にスキルアップができると思います。とりあえずやるというのもいいんですが、なんのためにやるのかを自問自答して、それからやることをオススメします。

 

生田:はい、ありがとうございます。ではですね、聞いている人もただ聞いているだけだと眠くなってしまうと思うので、皆さんに質問をしたいと思います。すでに休学をしている人、いますか?

 

(4人挙手)

 

生田:4人ですね。今挙手された方に休学をしたきっかけをお聞きしたいのですが、まずはあなたからお願いします。

 

参加者B:きっかけは起業しようと思ったことです。今はやりたいことが別にあってやっていないですが。

 

生田:就活は?

 

参加者B就活は一度終わって、内定をもらったのですが、それを辞退して、休学を今しています。

 

生田:なかなかチャレンジャーですね!そちらの方にも休学のきっかけ聞いてもいいですか?

 

参加者C:僕はアメリカに行っていて、6月に帰ってきたのですが、6月は内定が出始める時期じゃないですか。もう就活も間に合わないですし、それなら休学しちゃってもいいのかなと思いました。ちょうどつけたいスキルもあったので、その期間でつければいいかなと思って、休学をしました。

 

生田:なるほど。ありがとうございます。次の方もお願いします。

 

参加者D:僕はとりあえず休学をしました。なんとなく2年間大学生活を遊んで過ごして、あーもう就活かーと思っていた時に、たまたま高校の同級生に出会って、「起業するから一緒にやろーぜ」と言ってくれたりとか、休学をしている人とか多くて、それを聞いた時に、このままいくのもなんだかなーと思って休学をしました。

 

生田:ありがとうございます。じゃあラスト、お願いします。

 

参加者E:多分僕のきっかけが一番意識低いんですが、休みたくて。。。

 

(会場笑)

 

生田:正直でいいですね!

 

参加者E:学生団体を3年間ガツガツやっていて、就活も始まった時に、ちょっと休んで自分のことちゃんと考えたいなと思いました。あまりじっくり考えたことがなかったので、時間をかけてキャリアなど考えるのもいいかなということで、休学をしました。

 

生田:ありがとうございます。今回の参加者20名の中でも、すでに休学をしている人が4名いるということからも、休学がどんどん広がってきていますよね。

僕の時代の話なのですが、僕は38歳で2002年卒なんですね。その頃は休学をする人はほとんどいませんでした。みんな大手行くか、一部の人がライブドアに憧れてベンチャーに行くかぐらいでした。

でも今こうやって休学が皆の選択肢の一つになっていることがとてもいいなと思います。僕にもそういう選択肢があれば、休学して海外に行きたかったなと思います。

 

休学で充実した時間を過ごしましょう

僕は休学をしたことがないのですが、「休学をすればよかった」と何回も思ったことがあります。留学やインターン、起業、休息と自由に時間を使うことができる休学は自分の生活を充実させるための手段としてはかなり魅力的だと思います。

ただ、休学中に何かしらやり切ることをオススメします。とりあえず休学というフットワークの軽さはもちろん大切ですが、何かをやり切ることでスキルが身につきますし、何より充実した時間になるかと思います。

ベーシックでは20〜50名規模のイベント開催に適した会場「basic bar」の利用者様、団体様を募集しております。(お申し込みは下記から)

basic barを使う

11/25(水)に同社主催で学生向け女子アナ養成講座を予定しており、その他にもイベントを行っていく予定で、利用希望が増えてきております!ぜひご活用ください!

では今回はこのへんで、ほなほな!

鈴木諒(ちょるる)

鈴木諒(ちょるる)

高校生時代に競技ボウリングで世界大会へ出場/立命館大学経営学部国際経営学科/2016年4月に新卒としてベーシックへ入社/入社1ヶ月後に人事総務部に新卒採用担当として配属/全国各地で就活セミナーを行う

この内容で送信します。よろしいですか?