Original

なぜベーシックは『挨拶』を大切にしているのか

こんにちは!ベーシックのちょるること鈴木諒です!

前回、このような記事を書きました。

【3ヶ月に一度の全社イベント】全体会を行いました
https://recruit.basicinc.jp/blog/2qgeneralmeeting2017

この中で挨拶について触れているのですが、べーシックでは挨拶が評価項目に入るほど徹底しています。今回は

・挨拶をなぜ大切にしているのか
・挨拶に関する施策・制度
・挨拶の効果
・社員インタビュー


について書いていこうと思います。

なぜ挨拶を大切にしているか

ベーシックの文化」の1つに挨拶があります。

社名で表しているように、基礎ベースになる当たり前のことを、大事にするのが「basic」です。
その当たり前の一つが挨拶。挨拶はコミュニケーションの最小単位だと考えています。
挨拶の重要性に関しては人事の浅野がブログで触れています。

「今日からできる!自分の価値を上げる”当たり前”力をつけるための3つの行動
http://hrblog.basicinc.jp/entry/2016/08/31/214349

挨拶に関する施策・制度

冒頭でもお伝えしたように、挨拶をすることは評価項目にも組み込まれています。

8/9(水)と8/10(木)に行われたメンバー・リーダー向け研修で、半期に一度「文化継承サーベイを行う」という発表がありました。

〜文化継承サーベイとは〜
ビジョン・問題解決・挨拶といったベーシックが大事にしていることがどれだけ浸透しているのかを計測・評価するもの。半期に一度、全社員を対象に約10項目の調査が行われる。

これには

・ベーシックが大事にしている当たり前にやるべきことを評価する
・きちんと文化継承を評価に組み込む

という目的があります。その中に

・私は、きちんと挨拶をしているか
・私が、挨拶をきちんとしていると思う人は?
・私が、挨拶をきちんとしていないと思う人は?


という項目が組み込まれています。

これは新しい取り組みですが、このサーベイを通して挨拶に対する意識付けと、挨拶という文化を体現しているメンバーをきちんと顕在化することを期待しています。



新しく入社した人も挨拶するときに迷わないように、ベーシックでは挨拶のスクリプトも用意しています。

その一部を紹介します。

・ お客様をお連れする時 → お客様お入りになります!

・ お客様が入室される時 → こんにちは!

・ お客様がお帰りになる時 → ありがとうございました!

・ 廊下ですれ違った時 → お疲れさまです!

・ 社員が外出する時 → いってきます!/いってらっしゃい! 

・ 社員が外出から帰ってきた時 → ただいま戻りました!/おかえりなさい!

挨拶が成果に結びついた事例

全体会の記事には書きましたが、18卒の内定者の1名が

「私が会社に行った時、ベーシックの人たちは皆、私を含めた来客者みんなに挨拶をしていました。挨拶って当たり前のことだけど、以外とその当たり前ができているところは少ない。その挨拶を大切にしているところに惹かれました。」

挨拶の文化に惹かれ、入社を決定してくれました。

他にも学生と面談をしていて、「普段からいってきますとかいってらっしゃいとか言ってるんですか?」や「こんなに挨拶をする会社は初めてです。」と言ってもらえています。

挨拶について社員インタビューしてみました!

今回、特に元気に挨拶をしている新卒3年目のEC事業部・営業担当の佐藤さんにインタビューをしてみました。

ちょるる:挨拶をいつも元気にしていますね!
 

佐藤:挨拶をするのは癖になっています。大学生のときにカフェでアルバイトを始めたのですが、最初の数日は何もできなくてあたふたしていました。そんなときに先輩から「できないことはいいから、できることをちゃんとやろう」と言われ、しっかり挨拶をするようになりました。その結果、挨拶が褒められるようになったり、来店されるお客様の数が増えたりしました。

ちょるる:営業で外に出るときに「いってらっしゃい」、帰ってきた時には「お帰りなさい」と皆が言っていますが、それを聞いたときはどんな気持ちになりますか。

佐藤家と同じ感覚です。家を出る時は「いってきます」「いってらっしゃい」、家に帰ってきたときは「ただいま」「おかえり」と挨拶をしますよね。それと同じ感覚です。

ちょるる:自分が「いってらっしゃい」「お帰りなさい」を言うときも家と同じ感覚ですか?

佐藤:同じだと思っています。ただ、自分が「いってらっしゃい」「お帰りなさい」を言うときには気持ちが入りますね。「お願いします」という意味を込めて「いってらっしゃい」、「お疲れ様」という意味を込めて「お帰りなさい」と言っています。

ちょるる:最後に挨拶について思うことをお聞きしたいです。

佐藤人とコミュニケーションを取るときに、挨拶が一番気軽にできるものだと思っています。人と人はコミュニケーションを取れると嬉しいですよね。その人とコミュニケーションを取りたいと思うからその人を誘ってカフェに行くし、遊びにも行く。その一番簡単な手段が挨拶だと私は思っています。

まとめ

このようにベーシックでは「気持ちのいいあいさつは、誰もがうれしい気持ちになる。それは気持ちのいい職場を作る。」という考えの元、挨拶を徹底しています。
日に日に人が増えているベーシック。どれだけ大きくなっても、気持ちのいい挨拶は忘れずに行なっていきたいですね。

このブログを最後まで読んでいただきありがとうございます!

最後まで読んでくださったあなた、ぜひ僕とお話しませんか?

basicでは学生向けに「basic bar」というオープンオフィスイベントを行なっております。

・ベーシックのことを知りたい
・気軽に社会人と話す機会が欲しい
・就活が不安


動機はどんなことでも構いません。ぜひ僕とお話ししましょう!元気な挨拶でお出迎えしますよ!

応募はこちらから

https://recruit.basicinc.jp/events/basicbar

では今回はこのへんで、ほなほな!

鈴木諒(ちょるる)

鈴木諒(ちょるる)

高校生時代に競技ボウリングで世界大会へ出場/立命館大学経営学部国際経営学科/2016年4月に新卒としてベーシックへ入社/入社1ヶ月後に人事総務部に新卒採用担当として配属/全国各地で就活セミナーを行う

学生向け交流イベント「basic bar」

この内容で送信します。よろしいですか?