Original

新卒入社2ヶ月目で人事になった僕の就活体験記・前編

みなさんこんにちは!

ベーシックの「ちょるる」こと鈴木諒( すずきりょう)です。

みなさんとお会いするのは2回目ですね。

 

写真は、僕がベーシックのサマーインターンに参加したときのものです(ちょっと今より細い)。

 

 今回は僕の就活体験について、時系列に沿って書いていこうと思いますが、

ちょっと長くなってしまうので前編と後編に分けて書きます。

まずは前編、「就活開始からサマーインターン参加」までをご覧ください。

 

3年生5月〜6月 〜就活開始・フェア参加〜

この時期に始めて就活フェアに参加しました。

どちらかというと僕は早めに就活を開始した方だと思います。フェアでは30社程度の企業がブースを出していて、採用ではなくサマーインターンへの参加を促すフェアでしたね。とは言っても当時の僕の参加目的は、参加するともらえるアマゾンギフトカードでしたが・・・

でも実際行ってみると、楽しそうに会社のことを話している企業の人たちがいて、それを熱心に聞いている学生がいて、なんだか就活っておもしろそうだな、楽しそうだなって思ったのが僕の就活の始まりです。

それから他の就活フェアやセミナーに参加して、気がついたらいろんな企業のインターン選考にエントリーしていました。

ちなみに僕が始めて参加したフェアがこれです(もう終わってしまっていますが・・・)。いろんなコンテンツや特典があって満足でした。https://www.recme.jp/live/kyoto/

 

3年生6月〜8月 〜サマーインターン選考〜

エントリーしていた企業のインターン選考が始まり、授業の合間を縫って(ときにはサボって)選考を受けに行っていました。

内容はグループディスカッションや面接など、就活生ならほとんどの人が体験するであろうことでした。グループディスカッションは他大学の友達を作る機会、面接は社会人との接点を持つ機会ぐらいの感覚で受けていましたね。実際今でも就活で出会った人とご飯を食べに行ったりします。

ちなみに、ベーシックと出会ったのはこの時期です。

 

3年生8月〜10月 〜サマーインターン参加・オータムインターン選考〜

夏休みに入ると選考を通過した企業のインターンが始まりました。

社会人になるまではずっと関西に住んでいたので、インターンで福岡にいったり、東京に行ったり少し旅行感覚で行ってました(しかも交通費・宿泊費は無料!)。

当時はインターンシップに対して、採用につながるというイメージは持っておらず、知識をつけたり、自分の実力を知る研修のような感覚で参加していました。自分の力を証明するというモチベーションで参加していた部分もありました。

インターンシップの後に会社の人と飲みに行ったりする機会が多く、本当にいろいろな話を聞くことができました。そのときに、社会人になって働くというのがとても楽しいことなんだ、こんな感じで働きたいなあっていうイメージが湧きましたね。

 


これが僕の就活体験記・前編となります。

前編は就活を始めた理由であったり、授業サボったり、旅行感覚だったり、不純な僕が垣間見える内容になっていましたね。

理由はなんでもいいので、一歩踏み出してフェアや選考に行ってみると案外楽しいですよ。

 

後編ではちょっぴり真面目な僕とお会いできると思うのでご期待ください。

後編は来週の水曜日に公開します。

ほなほな!(関西人なので今後はこれで締めていきます)。

 

 

鈴木諒(ちょるる)

鈴木諒(ちょるる)

高校生時代に競技ボウリングで世界大会へ出場/立命館大学経営学部国際経営学科/2016年4月に新卒としてベーシックへ入社/入社1ヶ月後に人事総務部に新卒採用担当として配属/全国各地で就活セミナーを行う