ライフメディア部のエンジニア・ペッパーはどんな仕事をしているの??


こんにちは!
ベーシックのちょるること鈴木諒です!

今回は新卒1年目のエンジニア、ペッパーこと唐澤貴大の仕事内容について書いて行きたいと思います。ではご覧ください!

ライフメディア部エンジニア・ペッパーの業務内容

ペッパー:配属されてから行なっている業務は様々ですが、大きく3つに分かれます。

 

1、サーバー移行

1つ目は「サーバー移行」です。今はもう完了したので行っていませんが、1サービスに対して1サーバーという状態を作りました。

この状態を作った理由はたくさんありますが、1つ挙げるとすれば、ユーザー体験を最大化するためです。例えば、1つのサーバに複数のサービスが存在していると、あるサービスの負荷が他のサービスへの負荷になってしまいます。

例えば、サーバAにサービスAとサービスBが稼働しているとなると、サービスAのトラフィックが大きくなり、サーバA全体の80%の力を使ったとします。そうなると、サービスBは残りの20%の力でしか動かせません。この時サービスBは重くなってしまいます。

サイトにアクセスした際のレスポンスはユーザー体験にとって重要な指標となるので、それが悪くなるような状態は避けたい。ということで1サービスに対して、1サーバーという状態を作りました。

ちょるる:(話がめちゃめちゃわかりやすい)

 

2、サービスの保守・運用


ペッパー:2つ目は「サービスの保守・運用」です。

ライフメディア部は運営しているサイト数が約10サイトあります。その中でもメインの3つを主にメンテナンスします。やることは、マーケティング部が考えてくれた改善案を実装したり、見つかったバグに対応したり、クライアント様からの要望を反映したりします。

学生の時には新しいプロダクトを1から作る機会が多かったですが、今はすでにあるものを運営していくのが主となっています。なので、新しく作る時とは全く違う課題が見つかります。

ちょるる:具体的にはどんなことをしているんですか?

ペッパー:今取り掛かっているのは、ViewにJSやCSSが直接書かれているのでそれを独立させつつ、webpackやSCSSに対応させることです。やっぱりソースコードは綺麗な状態がいいですよね。これはエンジニア発信で動いています。こういったシステムよりの内容はエンジニアにしかわかりませんが、そういう内容も他タスクと相談しつつ自由にできるような環境です。

あと、SSLの証明書の更新もしました。これも個人開発とは違う所ですね。個人情報を扱うことが多いのでSSL通信は必須になります。これは定期的な更新が必要になります。そのための手続きと本番サーバーでの作業を行いました。本番サーバーを直接いじるので緊張しました。

ちょるる:(ちょっとわからなくなってきた)

 

3、サイト改善


ペッパー:3つ目は「サイト改善」です。
動いているサービスをどんどん改善して、より良いものを提供できるようにします。

マーケティング部がメインで担当していますが、エンジニアもやっています。サイトパフォーマンス(アクセス数など)の数字を見ながら改善できるところがないか探し出してそのための策を考えて実装、検証、いわゆるPDCAを回します。

個人的にはサイトパフォーマンスの改善の経験はなかったので苦労しています。が、先輩方から考え方を教わったりアドバイスをいただきながら取り組んでいます。まだ大きな成果を出せていないので頑張っていきたいと思います。

 

ちょるるの一言

僕は非エンジニアということもあり、ただただ聞いているだけで、頭の中で漠然とついていくのがやっとでしたが、エンジニアの皆さんはペッパーの業務内容をイメージできたのではないかと思います。これらの言葉をしっかりと勉強し、会話についていけるようにしないとなと思ったインタビューでした。

では今回はこの辺で、ほなほな!

鈴木諒(ちょるる)

鈴木諒(ちょるる)

高校生時代に競技ボウリングで世界大会へ出場/立命館大学経営学部国際経営学科/2016年4月に新卒としてベーシックへ入社/入社1ヶ月後に人事総務部に新卒採用担当として配属/全国各地で就活セミナーを行う