Original

17卒の内定者合宿を行いました!

こんにちは!

ベーシックのちょるること鈴木諒です!

僕が入社してから半年が経とうとしていますが、すでに17卒の内定者が決まり、内定者合宿の季節になりました。僕が内定者合宿に参加していたのは1年前。1年過ぎるのがめちゃくちゃ早い!
合宿は2日間だったのですが、過ぎるのがあっという間でした。

今回はそんな内定者合宿の模様を書いていきたいと思います。写真をたくさん撮ったので、写真中心でお送りします。ではご覧下さい!
 

1日目

秋山さんの話

合宿のスタートは社長・秋山さんのお話からでした。

特に印象的だったのが、普遍性の話です。これからAIに仕事が奪われるという話がされますが、そんな中で行為(What)や方法(How)はAIが担うことがあるが、なぜ(Why)は人にしかできない(AIができるようになるとしてもしばらく先の話)ということでした。

「なぜ」を持ち、問題を発見・解決できる人材になろう!というメッセージで内定式は始まりました。
 

アイスブレイク

アイスブレイクは2つ行いました。自己紹介リレーという記憶力が試されるものと、共通点探しゲームという共通点を探すものです。2つのゲームを通じて、内定者がお互いのことを話して、覚えて、また話してと相互理解につながったんじゃないかなーと思います。
 

ワーク「波乱爆笑〜自分史〜」

アイスブレイクの後に行ったのは、自分の過去から現在までを発表するワーク。小学生から現在まで、自分がどんな人なのか、どんなことをしてきたのかをインタビュー形式で発表していくというものでした。

(インタビュアーとインタビュイー)

インタビュアー・インタビュイーのレベル高く、みんなプレゼンが上手なので、内定者それぞれがどんな人なのかが伝わってきました。真面目だと思ってた人がめちゃくちゃボケを言っていたり、普段ボケを言う人が真面目に話していたりとそれぞれ意外な一面が見えました。入社してからの彼ら彼女らの会話すらも楽しみになりました。
 

ワーク「THE AKIYAMA」

続いての行ったのは「THE AKIYAMA」という「秋山さんにインタビューをして、記事を作るワーク」です。

(みんなからのインタビューに答える秋山さん)

経営者としてだけでなく、プライベートな部分も聞き出していて、内定者と秋山さんの相互理解が深まりました。チームワークを発揮し、短時間でレベルの高いものを作ってくれました。みんなバラバラに記事を書いてるのに最後合わせるとまるで1人で書いたかのように綺麗につながっていて、内定者の力に驚きました。
 

ガジェット部と晩御飯

(晩御飯の風景)

晩御飯は、一緒の場所で合宿をしていたガジェット部と一緒でした。

社員との交流が少ない内定者にとって、人事以外の人と話すことができるいい機会だったと思います。最初はみんな緊張気味でしたが、お酒の力もあって、フランクに話していました。
 

花火

晩御飯の後、みんなで花火をしました。社長から内定者まではしゃいでいて、めちゃくちゃ青春を感じました。みんなで必死になって「BASIC」を花火で作りました。

(花火で作ったBASIC)

なんていい写真なんや。。。
その後、内定者は夜遅くまで語ったり、社員と飲んだりして、1日目は終了しました。

 

2日目

ワーク「猿の惑星」

2日目の始まりはワーク「猿の惑星」からでした。内容は、全員に別々のカードが数枚渡されて、あるお題が出されます。お題の答えにたどり着くにはカードに書かれた情報を整理する必要があるが、カードを見せ合うのは禁止で口頭でしか共有することができない。というものです。チームワークと論理的思考が試される、レベルが高いワークでした。2チムに分かれて行ったのですが、見事1チームが答えにたどり着きました!
 

内定式プロデュース

この内定者合宿のメインディッシュがこの内定式プロデュースです。ベーシックでは「内定式を内定者がプロデュースする」というのが伝統になっています。

(話し合う内定者)

みんながプロデュースしている姿を見ていましたが、本当にチームワークが良かったです。ちょっとピリッとした空気になっても、和ませる人がいて、みんなをまとめる人がいて、役割分担がしっかりできていました。

あまり多くは語りませんが、僕が内定者合宿に参加していた時はもうバチバチぶつかり合って・・・それはそれで楽しく、いい経験でしたが、今年の内定者は本当に一致団結している感がありました。

(役割分担して作業する内定者)

10/14の内定式がとても楽しみです!
 

秋山さんの話

2日目にも秋山さんによるお話がありました(贅沢!)。

(秋山さんの話を熱心に聞く内定者)

ここで印象的だったのが、「なんとなく過ごした日々は1週間前のランチに等しい」という話。

みなさんは一週間前のランチを覚えているでしょうか?僕は覚えていません。でも覚えているランチはあるはずです。久しぶりにあった親友と食べたランチ、恋人と行った高級なランチなど、人それぞれだと思います。そしてその覚えているランチは1週間よりも前という人もいると思います。日々も同じで、行ったことを覚えてる日もあると思います。覚えているかどうかはその日に意味があったのか否か決まるので、日々に意味をもたらすことが大切であるという話でした。
 

心の花束

合宿最後は一人ひとりが一人ひとりにメッセージメモを渡し、一言感謝を述べて回る「心の花束」を行いました。

(笑顔が良い!)

10人×10人分のメッセージなので100個のメッセージが交わされました。

(見ているこちらも思わず笑顔になりました)
 

終わりに

2日間彼ら彼女らを見ていて、早く入社してくれないかなーとワクワクいっぱいになりました。彼らが入社して、研修を終え、仕事をしてる姿が今からイメージできます。とはいえまずは10/14に行われる内定式。どんな式になるのか楽しみです。ちなみに17内定者には「ワタナベ」性が3人もいます。
 


このブログを読んで、

・ベーシックに興味を持った!

・僕と話してみたい!

・内定者に会ってみたい!

という人は僕にメッセージを送ってください。
僕のfacebookはこちら
お待ちしています!

では今回はこの辺で、ほなほな!

鈴木諒(ちょるる)

鈴木諒(ちょるる)

高校生時代に競技ボウリングで世界大会へ出場/立命館大学経営学部国際経営学科/2016年4月に新卒としてベーシックへ入社/入社1ヶ月後に人事総務部に新卒採用担当として配属/全国各地で就活セミナーを行う