Original

今年も内定式をプロデュース!ベーシック内定者合宿を行いました!

こんにちは!ベーシックのちょるること鈴木諒です!
最近ブログを読んでくれている学生から「ちょるるさんってチョコレート好きなんですね!」と言われました。チョコ好きが浸透しつつあります。


9/27(水)〜9/28(木)に幕張にて内定者合宿を行いました!

参加したのは内定者7名、今回は内定者合宿の様子をお伝えしたいと思います。

ベーシックの内定者合宿

ベーシックの内定者合宿は16新卒の代から始まり、今年で3年目になります。

過去2年は神奈川県三浦市(東京から約2時間)、今年は幕張(東京から約1時間)で開催。合宿らしく、都心から離れた場所で行います。

昨年の合宿の様子はこちら

17卒の内定者合宿を行いました!
 

なぜやるのか

目的は2つ。「相互理解」と「内定式プロデュース」です。
 

相互理解

ベーシックの文化である「相互理解」。

合宿1日目は内定者同士の相互理解、そして内定者と弊社代表の秋山の相互理解を目的として、様々なワークを行います。
 

内定式プロデュース

ベーシックの内定式は内定者が企画、運営をします。合宿2日目はその企画を内定者全員で行います。

昨年の内定式の様子が僕の先輩・浅野のブログの中で紹介されています。

”意味ある点”を打つ!17卒内定式と第3Q全体会でまた一つ想いを新たにしました。
 

何をやったのか

内定者が集まるのは今回で2回目。1回目は懇親会ということで8月25日にみんなでお食事をしました。まだお互いに知らないことだらけで始まった内定者合宿。その様子を振り返っていきます。
 

アイスブレイク

2つのアイスブレイクを行いました。

①握手増やし


”2人組になり、「〇〇」「△△」と互いに呼びあい「よろしく!」と握手をする。”

まずは名前を呼び合えるようにとこのアイスブレイクを行いました。最初は少しみんな恥ずかしそうでした。名前を呼んで、握手をするってなんだか照れくさいですよね。

 

②人間知恵の輪



”一箇所に集まって小さな円を作り、両隣以外の人と、ランダムに手をつなぐ。手を離さずに、もつれている手をほどき、大きな一つの円を作ることができたら達成。”

このワーク両手が塞がっているので、「その手上にあげて!」と伝えても、「それってどれ?」となるので、正確に相手を指定して、どれをどうすればいいのかを伝える必要があります。

握手増やしで名前を呼び合っていたということもあって、自然と名前を呼んで声をかけあっていました。

途中で体勢的に苦しそうな人が必ず現れます。「手がちぎれそう。。。」と言いながらも手を離さずに耐えていました。それをニヤニヤしながら見ていました。

 

2人で相互理解「自分史ペアワーク」

内定者の過去の経験や価値観を知るためのワーク。自分史を作成し、それを元にペアでその人に関しての他己紹介をしてもらいます。


"まずは自分史を作成。小学校〜現在まで、細かく分けて自分を振り返ります。それを元にペアで、どのように紹介をするのか作戦を練る。"


"そしてペアになったパートナーの他己紹介を行う。"

内定者それぞれの生い立ち、経験、そしてそれによって形成された価値観や大切にしていることまで赤裸々に話していました。

「決めたことはやりきらないと気が済まない性格で、それが原因で喧嘩したりしていました。」「目標や目的があると決断できるのですが、ないと優柔不断でパンを選ぶときも5分ぐらいかかっちゃうんですよ。。。」とその人の性格とエピソードが同時に聞けたので、好きな物や特技、趣味などから一歩踏み込んだところの理解が進みました。

みんなに共通していたことは「決めたことはやりきる」「目標があったら達成するまでやる」というやり抜く力を持っているところ。みんなすごい良いもの持ってるなー。

 

チームで対抗「謎解きパズルゲーム」

チームで指定のレゴを作成し、謎解きを行うワーク。


"レゴの完成品を覚える内定者。目がギラついていました。"


"謎解きとレゴ作成を行う内定者"

この2日間で一番難しかったワークだった気がします。「え、これどういうこと?」「何これわからない。。。」「うわ!違う!」と苦戦している時がよくあったので、僕はその様子を楽しみながら見ていました。

 

一致団結「代表・秋山を知るワーク」

1日目のラストは弊社代表の秋山と内定者7人で行うワーク。「7色の秋山」をテーマに、1つの記事を作成するという内容のため7人全員の団結力が試されました。



"インタビューをする内定者"


"真剣に答える代表の秋山"

代表にインタビューするということで、「何を聞けばいいんだろう。どうやって聞けばいいんだろう。」とみんな少し緊張していた印象。面接も含め何度か度話しているとはいえ、改めて代表にインタビューとなると気が引き締まりますよね。

 

内定式プロデュース

2日目は内定式プロデュース。1日目にペア、グループ、全員と相互理解を深めた上でプロデュースに臨みます。


"内定式で何をするのか議論する内定者"


"みんなで一つのことに取り組んでいる姿。今回撮った中で一番好き。"

ペア、チーム、全体でワークに取り組み、相互理解を深めた上で開始した内定式プロデュース。1日目朝の照れ臭さはなく、どのような内定式にするのかを団結して考えていました。誰かが発言をする度に皆それを真剣に聞き、受け入れる姿が見受けられました。

16卒(僕の代)が内定者合宿やったときはなんで喧嘩しているのかもわからなくなるぐらい喧嘩をしていたので、「18卒、いい子たちだなー。もう少し意見の衝突があってもいいんだよー」と思いながら見ていました(笑)。

ちなみに、休憩中に再び人間知恵の輪をやりました。アイスブレイクでやったときは2分30秒かかっていたのが、この時はわずか30秒でできました。これが相互理解の力か・・・

 

一人一人に送る「心の花束」

最後に行ったのが心の花束。内定者が一人一人に手紙を書いて、読み上げて渡すというものです。


"一人一人に手紙を書く"


"読み上げた後に渡すのでちょっと照れ臭くなります"

手紙を書き終わるまでにだいたい30分ぐらいかかりました。思っていたより時間がかかったので、書くことなくて困ってるのかなと思ったのですが、手紙を見てみると文字でいっぱいでした。

たった2日間でしたが、ワークをしたり、一緒にご飯を食べたりする中でお互いのことちゃんと考えていたんだなと思えたのがとても嬉しかったです。

 

内定者の感想

内定者合宿の感想を内定者に聞いてみました。一部紹介します。

内定者合宿で、同期のみんながどんな考え方するのか、どんな人なのかが、ワークを通して知れたのが良かったです!ただ話してるだけじゃわからない部分が、ワークや内定式プロデュースっていう目標を共有したことで見えてきたので、一緒に働くときのイメージが出来つつあります!

秋山さんとは、インタビューももちろん話が聞けて嬉しかったんですが、個人的にランチとかご飯のときに、趣味とか好きなものとか、素の秋山さんと話せたのが、私も話しやすくて良かったです!

今回の合宿でなんとなく大きな相互理解が出来たイメージがあって、これから一緒に働きながら、同期の新たな一面とか、より深く知れたらいいなと思います!

内定者合宿を通して、それぞれの同期がこんな人なんやな〜っていう風に理解が進みました。内定式の前にこういった合宿があると相手のいろんなことがわかって楽しく思いました。

秋山さんについても同じ感じでなんかすごそうな人みたいなイメージだったんですがみんなのことを考えていたりと、常に課題を解決しに行きたいという姿勢を実際に感じることができて嬉しかったです。

今回の内定者合宿には思い入れいっぱい

内定者合宿の2日間、ずっとワクワクドキドキしていました。

18採用から本格的に新卒採用に携わり始め、イベントで出会ったり、Webで応募をしてくれた子たちがベーシックを選び、同じ合宿の場にいる。

その子たちが一生懸命、力を合わせてワークに取り組んでいる姿を見ていると、入社して働いているイメージができ、「早く入社しないかなー」とずっと思っていました。

基本的にポジティブな僕も「あいつとは仲良くなれなさそう。。。」というようなことが起こったらどうしようと少し不安もありましたが、そんな心配をする必要はありませんでした。

半年後、入社してから研修や配属がありますが、どんどん同期の結束を固めてくれることを今から楽しみにしています。

10/20(金)の内定式でプロデュース内容をお披露目。その時の様子はまたブログで公開しますのでお楽しみに!

では今回はこのへんで、ほなほな!

鈴木諒(ちょるる)

鈴木諒(ちょるる)

高校生時代に競技ボウリングで世界大会へ出場/立命館大学経営学部国際経営学科/2016年4月に新卒としてベーシックへ入社/入社1ヶ月後に人事総務部に新卒採用担当として配属/全国各地で就活セミナーを行う

この内容で送信します。よろしいですか?