【学生必見!】伝わるプレゼンをするために抑えておきたい心理学3選

こんにちは!
ベーシックの「ちょるる」こと鈴木諒です!

授業でのプレゼン発表を中心に、大学生はアウトプットをする機会が多いと思います。どうせアウトプットするなら、自分の発表や考えを見聞きする人に認めてもらいたいですよね。僕はそう思ってやっていましたがなかなかできなかったのが、少し残念でした。

今回はそんな僕が「学生時代に知っていれば、もっといいプレゼンできたのに」と思った、便利な心理学を3つ紹介したいと思います。3つをしっかりと抑えて、より伝わるプレゼンができるようになりましょう!
 

①:ハロー効果

目の前にメロンが出されて、「1つ2万円のメロンです」と言われると、それだけで「どうりで美しいわけだ」「確かに美味しい」と思ってしまう。こういうことってよくあると思うんですよね。これを「ハロー効果」と言います。モンドセレクション金賞受賞なんてまさにこれじゃないかなと思います。

ネットで調べてみると、こう書かれています。

ハロー効果とは、ある対象を評価するときに、目立ちやすい特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる現象のこと。光背効果、後光効果とも呼ぶ。

出典:GLOBIS MANAGEMENT SCHOOL MBA用語集

プレゼンで応用するならば、「○○で1位獲得」「あの○○が認めた」など、自分が見聞きした時に「すごい!」となるような情報を強調するのが良いでしょう。
 

②:フレーミング効果

「40%の確率でハズレの宝くじ」と「60%の確率でアタリの宝くじ」、どちらを買いますか?

言っていることは同じでも、何か違う感じがしませんか?上に書いた宝くじの例だと、おそらく「60%の確率でアタリの宝くじ」を選ぶ人が多いのではないでしょうか。

フレーミング効果についてネットで調べてみました。

ある選択肢の判断を人が行う場合、その絶対的評価ではなく、自己の参照点(基準点)との対比において比較されるため、絶対評価とは異なる判断を導く可能性があるという効果のこと。

出典:行動経済学「フレーミング効果」で売上を劇的に上げる方法

プレゼンで、「この新商品が売れる」ということを伝えたい場合は、「40%の人が必要ないと言っています」ではなく「60%の人が欲しいと言っています」という方が効果的でしょう。逆に別の商品を打ち出すために、「この商品はあまりよくない」ということを伝えたい場合は「40%の人が必要ないと言っています」と強調する方が良いです。
 

③プロスペクト理論

いきなりですが質問です。

A:無条件で4単位もらえる。

B:じゃんけんで勝てば8単位もらえるが、負けたら何も手に入らない。

どちらを選びますか?

さらに質問です。

A:給料が10万円没収される。

B:じゃんけんで勝てば何も没収されないが、負ければ20万円没収される。

どちらを選びますか?

プロスペクト理論とは、人間がリスクを伴う意思決定の際に価値の感じ方が異なり、利得よりも損失の方を重大に捉えるという認知心理学の理論のひとつ。1979年にダニエル・カーネマン(Daniel Kahneman)とエイモス・トベルスキー(Amos Tversky)によって提唱された。

出典:マーケティングWiki 〜マーケティング用語集〜

プロスペクト理論では1つ目の質問ではAと答える人が多く、2つ目の質問ではBと答える人が多いと言われています。どちらの質問も、AとBで期待値は変わりません。得をするチャンスに対しては、そのチャンスを逃してしまうリスクの回避を優先し、損失を目の前している場合では、損失そのものを回避しようとする傾向があります。

要するにポジティブなものに関しては確実に手に入れようとして、ネガティブなものに関しては一発逆転を狙う。と言うことですね。

プレゼンではまず主張したいものと、それを比較する何かを用意して発表するのが良いと思います。例えば商品開発の授業でダイエット器具を発表する場合はネガティブなので、「走ってコツコツ痩せるのもいいですけど、一気に痩せれる器具があったら欲しくないですか?」という言い方が良いのではないでしょうか。



いかがだったでしょうか?


プレゼンを見聞きしている人に納得してもらうためには筋は通ってることは必要です。ですがより納得してもらうためにこれらを意識してプレゼンの準備をしてみると良いでしょう。ここで紹介した以外にも心理学はたくさんあるので、一度調べてみることをオススメします。

 


では今回はこのへんで、ほなほな!

鈴木諒(ちょるる)

鈴木諒(ちょるる)

高校生時代に競技ボウリングで世界大会へ出場/立命館大学経営学部国際経営学科/2016年4月に新卒としてベーシックへ入社/入社1ヶ月後に人事総務部に新卒採用担当として配属/全国各地で就活セミナーを行う

この内容で送信します。よろしいですか?