Original

なぜ僕たちは運動会をやるのか【株式会社ベーシック】

こんにちは!そしてお久しぶりです!
ベーシックのちょるること鈴木諒です!

皆さんは最近チームで何かに取り組んだことはありますか?バイトやサークル、インターンシップなどがそれにあたるでしょう。チームで取り組むと、楽しく物事を行うことができますよね。チームは団結すればするほどその楽しさは倍増するかと思います。

 

ベーシック大運動会!

 ベーシックでは団結するために、「相互理解」の場を多く設けています。そして先日、その一つとして「運動会」を開催しました。なんと平日の午後に開催。

約100名の全社員が参加するこの運動会、今回はその様子を、写真でお伝えしていきたいと思います。

ラジオ体操


ケガ予防のために行なったラジオ体操ですが、この時点で足をつった人がいました。不安しかない。。。

 

選手宣誓


選手宣誓をしたのは今年新卒で入社したはっしーこと橋本くん。
http://pop-college.com/2017/05/01/hashimotodaisukesofttennisinterview/
体育会系出身ということもあってか、迫力があり、選手宣誓が様になっていました。 

 

綱引き



1チームあたり8戦ほど行いました。これが本当にしんどかった。。。社長(1枚目の手前右)も激しさのあまりブレてます。皆足をつりながらも、声を合わせて必死に引っ張っていました。

 

縄跳び



下半身を集中的にいじめます。しんどいながらも、みんな声を合わせて「7!、8!」と飛んだ回数を数えていました。 

 

手押し車リレー


今度は上半身をいじめます。ヘトヘトですが、みんな大声を出して応援をしています。 

 

ドッヂボール


外野3方向+内野からボールがくるのでただただ走り回されました。最後の競技ということもあってか、みんなイキイキしていました。

 

運動会を終えて

運動会中はこけたり、アザを作ったりしながらも目の前の競技で勝つために全力でした。終わって振り返ってみると、あまり話したことのない人と仲良くなっていたり、意外な一面(めちゃくちゃドッヂボール強い女性とか)が見えたりしていたなーというのが正直な感想。

相手を知ろうとすれば、相手も自分を知ろうとする。そうやってお互いの理解が深まり、信頼が生まれる。というのがベーシックの相互理解の考え方です。
運動会後は部署関係なくオフィスでも声を掛け合うようになった人が増えたので、相互理解が深まったと思います。



問題解決のプロ集団である僕たちは、より団結して世の中の問題解決に向けて頑張っていきます。

こんな相互理解を大切にするベーシックで、一緒に問題解決をしていく18卒の方を募集しています。
https://recruit.basicinc.jp/

一緒に世の中の問題を解決していきましょう!

では今回はこのへんで、ほなほな!

鈴木諒(ちょるる)

鈴木諒(ちょるる)

高校生時代に競技ボウリングで世界大会へ出場/立命館大学経営学部国際経営学科/2016年4月に新卒としてベーシックへ入社/入社1ヶ月後に人事総務部に新卒採用担当として配属/全国各地で就活セミナーを行う

学生向け交流イベント「basic bar」

この内容で送信します。よろしいですか?