Original

【誰もがやりたいことに夢中になれる世界】”TAMANI Bar” in basic bar 2nd!

こんにちは!ベーシックのちょるること鈴木諒(チョコレート大好き)です!
カカオの学名「 Theobroma」はギリシャ語で「神の食べ物」を意味するそうです。

11/27(月)にTAMANI Barをbasic barで開催致しました!basic barでの開催は2回目です。前回は「自分らしい一歩を踏み出す」をテーマに行われました。

「自分らしい一歩」を踏み出す。”TAMANI bar” in basic bar イベントレポート!

今回のテーマは「WoW!」。簡単に内容のレポートを書いて行きたいと思います。今回はTAMANI Barの代表にインタビューすることができたので、そちらについても書いて行きたいと思います!

 

お互いの価値観に触れる「株式会社TAMANIと7つの部屋」

今回は皆の価値観を知ることができるワークが行われました。
その名も「株式会社TAMANIと7つの部屋」

会社で7名のメンバーがいるプロジェクトチームのリーダーをすることになったが、その7名が会社を休むことになった。それぞれの理由は

 

・会社が倒産するという噂を聞いたので安定的な場所に転職する

・ワクワクしない

・チームの人間関係が良くない

・刺激が足りない

・もっと知名度が欲しい

・もっと自由な時間が欲しい

・もっとお金が欲しい


というもの。このままではプロジェクトが回らないと思ったあなたは7つの部屋を用意し、それぞれと面談することにした。しかし、7つの部屋は10、20、30、40、50、60、70分と使用できる時間が異なる。

あなたは誰とどの部屋で話しますか?

個人で部屋割りを決めた後にグループで共有して議論したのですが、皆考えていることがあまりにもバラバラでした。議論をしているとどんどん違う価値観が出てくるので、大切にしているものが何かが顕著に現れるワークでした。

 

TAMANI Bar Tokyo代表にインタビューしました!

今回はTAMANI Bar開催の会場にbasic barを選んでくれたTAMANI Bar Tokyo 代表の冨永くんにインタビューをしました。


TAMANI Bar 総大将「正木 吟太」& TAMANI Bar Tokyo 代表「冨永 心大」

社会と学生を繋げたい

ちょるる:TAMANI Bar開始のきっかけを教えてください。

 

冨永:僕は学生時代ずっと野球をやっていました。引退後、野球以外のことをやってこなかった僕は何かやらないとと焦りを感じ、社会人100人と名刺交換をするという目標を決め、実行しました。

その中で僕はいろんなことを学ぶことができました。社会人なので考えていることは深く、知識もある。この人たちと学生を繋げたい。そして学びを得て欲しい。100人との名刺交換が終わる頃にはそう考えるようになりました。

社会人と学生を繋げるために最初は就活イベントを行いました。しかし僕は採用目的の社会人のことを考えてしまい、就活イベントで学生に寄り添ったものを提供することができませんでした。

そんなモヤモヤしている中でたどり着いたのがこのbarという形でのイベント。

barのように落ち着いた雰囲気でお酒を飲みながら行うイベントであれば学生に寄り添ったものを提供できのではないか、社会人と学生が上下の関係ではなく、横のフラットな関係で接することができるのではないかと考え、このTAMANI Barを開始しました。

 

誰もがやりたいことに夢中になれる世界を目指して

ちょるる:TAMANI Barは毎回異なるコンテンツを用意し続けていますが、どんなことを目指してるのでしょうか。

 

冨永:誰もが夢活をしている世界を目指しています。言い換えると誰もがやりたいことに夢中になれる世界です。

例えば就活は、就職がゴールになってしまっている人がいますよね。そもそも就職をする必要があるのか、本当にやりたいことは何なのか。それを少しでも考えて、ワクワクする人が増えればいいと思って活動をしています。

 

ちょるる:就職がゴールになってしまうというのはよくある話ですね。

 

冨永:単純に人と人とが楽しむ場所を提供したいという思いもあります。ゲームやスマホがなくても人が集まると会話が生まれ、楽しくなり、価値観が広がる。それによって自分が本当にやりたいことを見つけることがしやすくなります。

 

ちょるる:TAMANI Bar、今後どうなっていきますか?

 

冨永:繰り返しですが、楽しむ中で様々な価値観に触れ、自分が本当にやりたいことを見つけて前に進んでいく人を一人でも増やしたいと僕は思っています。

そのためにも多くの価値観に触れることができるコンテンツを用意し、社会人と学生が楽しく過ごす場所を提供し続けたいと思います。


TAMANI Bar Tokyoのメンバー

まずはいろんな人に触れ合う経験が大切

冨永くんの言う通り、様々な価値観を知ることはとても重要だと思います。最初はバラバラで繋がりがなくても、いつかそれらが繋がり始め、自分の価値観ややりたいことが見え始め、夢活に繋がるのではないでしょうか。

TAMANI Barのようなイベントに参加したことがないという人は一歩踏み出して、目的がなくてもいいので、まずはいろんな人と触れ合う経験をしてみることをオススメします。

basicではTAMANI Barのようにbasic barを使用してイベントを開催したい団体様を募集しております。冨永くんのように、思いや志を持ってイベント運営をしている団体様にぜひ利用していただきたいです。

basic bar レンタル

興味のある方はご応募ください!

では今回はこのへんで、ほなほな!

鈴木諒(ちょるる)

鈴木諒(ちょるる)

高校生時代に競技ボウリングで世界大会へ出場/立命館大学経営学部国際経営学科/2016年4月に新卒としてベーシックへ入社/入社1ヶ月後に人事総務部に新卒採用担当として配属/全国各地で就活セミナーを行う

この内容で送信します。よろしいですか?