Original

内定者インターン・あすみんのお仕事【株式会社ベーシック】

こんにちは!
ちょるること鈴木諒です!

内定者が入社前にインターン生として働くケースをよく耳にしますが、実際どんなことをしているのかって気になりませんか?

ということで前回インタビューした内定者のあすみんに「インターンとしてどんな仕事をしているのか」を聞いて見ました。

 

メディアのディレクション


ちょるる:今どんな仕事をしていますか?

あすみん:オウンドメディア(自社所有Webサイトやブログなどの媒体のこと)のディレクション(プロジェクトにおいて、指揮をとること)をしています。

ちょるる:具体的にはどんなことをしているのですか?

あすみん:まず、メディア内でどのようなページを用意し、どのような流れでページを見てもらうのかを決めました。これを決めないと見に来てくれた人がよくわからないと思って、離れてしまうので。

続いて、書く記事の文字の大きさ、フォントを決定しました。ちょっと変えるだけで、記事自体の雰囲気や、わかりやすさが変化するので、どんな状態が一番見やすいのかを考えながら決めました。

記事を書いたあと、どのような流れでメディアに掲載するのかのフローを決定しました。このメディアに掲載する記事は複数人で書くので、全員が同じ流れで、迷いなくできるようにしました。

ちょるる:メディアの構造を決め、記事のルールを決めたんですね。今はどんなことをしているのですか?

あすみん:今は記事執筆者がちゃんとスケジュール通り書いているのか、記事がちゃんと決められたルール通りに書かれているのかのチェックを行なっています。

記事を公開した後、どれだけの人が見に来てくれているのか分析して、思うように数字が伸びていない場合は、もっと見てもらえるように記事を書くルールを変更したりします。もちろん先輩方の力を借りながらやっていますが。

 

セミナーの運営

 


ちょるる:セミナーにも関わっていましたよね?

あすみん:運営をしています。当日の運営もあるのですが、顧客管理や、セミナー運営マニュアルの作成をしています。現状セミナーの運営は限られた人しかうまくこなせないような状態なので、顧客管理の方法やセミナー当日の運営を仕組み化、マニュアル化して、「誰でもそれを見ればできる」という状態を作ろうとしています。

これがなかなか難しくて、どうやったらこれを見ただけでできる状態になるのか、どういう状態が理想なのかを考えながら作るので、できるようになったことを伝えるということはとても頭を使いますね。

あとはメルマガの配信を行なったり、セミナーのスケジュール管理をしたりしています。

ちょるる:いろんな仕事を任せてもらっていますね。

あすみん:他にもセミナーの司会進行をやっていたこともあります。

ちょるる:聞く限り、かなり多忙ですね。。。

あすみん:これに関しては自分からやりたい!と言いました。「働くということがこういうことなんだ」と考えさせられると同時に、「やりたい!」と手を挙げる時に、それをさせてもらえる環境はすごく恵まれていると感じています。

 





いかがだったでしょうか?



内定者でインターンをしているあすみんは様々な業務に携わっています。若いうちから様々な業務を任せてもらえるのはベーシックの魅力の一つです。



ですが、一番大切なのは「自分で手を挙げること」。例え若いうちから裁量のある企業に行くことができても、主体性を持って行動していかないと、せっかくのチャンスを逃してしまいます。



あすみんは自ら手を挙げることで、チャンスを手に入れました。みなさんも勇気を持って、手を挙げることを意識してほしいと思います。



では今回はこのへんで、ほなほな!

鈴木諒(ちょるる)

鈴木諒(ちょるる)

高校生時代に競技ボウリングで世界大会へ出場/立命館大学経営学部国際経営学科/2016年4月に新卒としてベーシックへ入社/入社1ヶ月後に人事総務部に新卒採用担当として配属/全国各地で就活セミナーを行う

この内容で送信します。よろしいですか?