Original

「AIに置き換えられないスキルを身につける」winter internship coreの募集開始!

こんにちは!ベーシックのちょるること鈴木諒(チョコレート大好き)です!
板チョコの溝は割りやすくするためのものではなく、表面積を広くして早く固めるためのものだそうです。

2018年2月に9名限定のインターンシップを開催します。

前回、2017年8月に行った際の様子はこちら

『AIに置き換えられない、核心を突いた問題定義力を手に入れる3日間』summer internship core2017実施レポート

 

coreにかける思い

coreの詳細はインターンシップ特設ページを見ていただければと思いますが、ここでは僕の思いを書かせていただきます。

「このインターンシップ何するんですか?」とよく聞かれます。このインターンシップ"core"では「理想を描き、問題を定義する」ということを行います。

AIやロボットにより、今後仕事が奪われるというのは一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。おそらく学生の皆さんは「AIがどんどん進化していく中で、どんな仕事に就けばいいだろう?」「どんなスキルを身に付ければ将来も安定するんだろう?」と考えていると思います。

その一つの解が「理想を描き、問題を定義するスキル」だと考えています。

AIやロボットは仕組み化、体系化されたもの、つまり手段を効率的に行うことには長けています。手段というのは「何か」を実現するためのもの。この何かが「理想」です。

「こうあったらいいな」「こうだったら最高なのに」という理想を描くことはAIには置き換えられないスキルだと考えています。

理想を描くことで、何が問題なのかが見えてきます。つまり「問題を定義する」ということです。問題が定義できれば、その問題を解決するために何をすればいいのか(手段)も見えてきます。

大切なのは「理想を描く」ということです。

coreは毎回少人数の募集で行っており、今回も9名限定で行います。確実に「理想を描き、問題を定義するスキル」=「AIに置き換えられないスキル」を身に付けてほしい。そのためにも1人1人にしっかりと向き合いたい。ということで9名に絞りました。

少しでも気になったという人でもぜひエントリーしてもらいたいと思っています。その心の機微(ざわつき、違和感)をそのままにせず、ぜひ行動に移してください。

 

挑戦、お待ちしてます

インターンシップ特設ページ


では今回はこのへんで、ほなほな!

鈴木諒(ちょるる)

鈴木諒(ちょるる)

高校生時代に競技ボウリングで世界大会へ出場/立命館大学経営学部国際経営学科/2016年4月に新卒としてベーシックへ入社/入社1ヶ月後に人事総務部に新卒採用担当として配属/全国各地で就活セミナーを行う

この内容で送信します。よろしいですか?