優れた「プロダクト」創出による成長ドライブを。
「明日にワクワク」するためにチャレンジを続けたい。
PLG事業部 formrunプロダクトグループ
2021年入社

元田 宇亮

  • Twitter
  • note
  •  
  •  
プロフィール
大学では金融や会計など、幅広い分野の知識習得に注力。卒業後は大手証券会社に就職し、投資銀行部門で、企業のIPOを含む資金調達やM&A支援などに取り組む。約3年勤務後、クラウドファンディングサービスの会社に転職し、経営メンバーの一人として事業拡大に尽力。その後、新たなチャレンジの場を求め2021年にベーシックに入社。

PLG領域において求められる、優れた「プロダクト」。
それが事業成長を加速させるカギを握る。

私は現在、PLG事業の事業企画を統括するポジションで、これからのベーシックの成長戦略に関わる業務を担当しています。新規プロダクトの創出や、既存プロダクトの進化の道筋を描き、MRR(Monthly Recurring Revenue=毎月決まって発生する売上)の積み上げを加速させ、さらなる事業成長を実現させること。それがミッションです。

 

SaaSビジネスなので、優れた「プロダクト」が不可欠であり、それを生み出すことが成長を加速させるカギを握っています。しかし、単に優れたプロダクトを創るだけでなく、「どのような顧客に対して、どんなプロダクトを、どのような順番で提供していくのか」という戦略を明確に定めることが重要です。

 

加えてPLG(※)はマーケティングや営業活動をプロダクト内に取り込むことで事業を拡大させるビジネスモデルなので、機能面で優れているだけでなく、顧客にプロダクトの価値を感じてもらい、使い始めてもらい、使いこなしてもらうまでに至る全ての「体験」において優れているプロダクトである必要があります。

 

よって、プロダクトチームだけでなく、マーケティングやカスタマーサクセスなどの全組織が一丸となって、優れた体験という名のプロダクトを生み出すことが成長を加速させるカギを握っています。

 

※PLG……「Product-Led Growth」の略。「製品主導の成長」のことであり、製品が直接顧客に価値を伝えて購入を促す戦略。

外部企業との連携による「プロダクト」の検討。
顧客ニーズを把握し新たな「formrun」の創出へ。

成長戦略分野のみならず、私の業務は多岐にわたっています。そのうちの一つは、今後のプロダクト検討にあたっての外部企業との連携です。そもそもビジネスとして成り立つのかどうか、両社が有するプロダクトをどのように連携するのか、そのために求められる機能は何か等々を模索し、外部とのコラボレーションに取り組んでいます。

 

また他に、フォーム作成から顧客管理までをワンストップで利用可能とするツールである「formrun」のプロダクトの要件を決めるチームのマネージャーとしての役割があります。現在「formrun」は非常に幅広い用途で使われていますが、それを用途ごとに深掘りして、より高度で新しい機能を提供していく必要があります。

 

そのためには、顧客ヒアリング等を通じて、顧客の要望や業務フローを把握することが重要であり、現在はその作業を進めています。

リモートワーク環境の中で社内ネットワークを形成。
経験を活かし新メンバーが早期に即戦力化・心理的安全性を確保できる環境を整備。

コロナ禍により業務の多くがオンラインに移行しました。その中で私にとって入社時最大の壁は「いかに部署を横断して情報を集め企画を推進するための土台を作るか」でした。

 

社員の顔も知らず、私への認知もまだ低いからこそ、個人的にアポを取り一対一でコミュニケーションを取る「1on1」をほぼ全社員と設定。その継続の結果、テレワークでありながら強い社内ネットワークを築くことができました。

 

今では私の取り組みを通じて得た学びも活かし、中途入社メンバーが社内ネットワークを早期に築けるようサポートする取り組みが人事主導で多数実施されています。私が所属する事業部内でも、「過去の取り組みの経緯や結果」「今実施中の企画や施策」「マーケやプロダクトに関する各種KPI数値」などをまとめて、新メンバーが入社から早期にキャッチアップできる環境作りを継続的に行っており、テレワーク中心の今の時代に即した新入社員のオンボーディングの仕組みが、全社的に浸透していると感じます。

ゴールからの逆算、「GOAL ORIENTED」の実践。
今後は人を動かし伝える力を磨いていきたい。

ベーシックの社員の行動指針の一つに「GOAL ORIENTED」があります。これは常に目標(ゴール)から逆算して考えることにこだわる姿勢を示したものであり、私自身が業務で特に意識しているものです。

 

「なぜやるのか」という最も上位のゴール概念が目標や行動を規定することは当然ながら、ゴールがなければモチベーションも生まれませんし、能動的な意見の発信もできません。将来の戦略や新規事業を考える上では、答えのない無数の分岐点や選択肢の中から必要なものを絞っていく必要があり、そのためにも「GOAL ORIENTRD」の実践が重要です。

 

また、最近改めて認識したのは、合意形成をして人や組織を動かすには言葉で伝える力が何よりも重要であることです。仕事には様々なスキルが求められますが、「言葉のスキル」は普遍的なもの。特にリモート環境下でテキストコミュニケーションの頻度が増えている昨今においては、常にゴールを明確にしつつ、伝える力はこれからも磨いていきたいと思っています。

「同質の中の多様性」が成長を生む源泉であり力。
将来は海外市場にチャレンジし、グローバルに活躍したい。

ベーシックが大切にしていることの1つが「同質の中の多様性」です。共通したコンピテンシーを持つ仲間が、同じミッション達成を目指しているという意味で同質のメンバーが、個々人の異なる個性を発揮しつつ仕事に取り組むこと。それが、成長の源泉であり力だと思っています。

 

私自身の人生テーマは「毎日明日にワクワクしながら寝る」ことです。何をやるかよりも、このありたい姿の実現を目指していきたい。常にチャレンジを継続していくことが、「明日へのワクワク」につながっていくと思っています。

 

将来的には、日本を飛び出して、グローバルに活躍する会社へ進化し、世界の顧客から支持される「プロダクト」を生み出したいと考えています。B to BのWeb系サービスで、海外にチャレンジした日本企業の例は多くはないと思っているので、formrunをはじめとするベーシックのPLG事業が、その先鞭をつけたいと思っています。

Message

未来のベーシックメンバーへ

ベーシックは「同質の中の多様性」を体現している会社です。様々な個性がフラットな組織の中で活躍しています。だから居心地がいいですし、一つのモノをみんなで目指している一体感は楽しいものです。私にとって、ベーシックは人生のベースキャンプのようなもの。拠り所ともいえます。

 

会社に所属することが必須ではない時代に、あえて会社を選ぶ(転職する)のであれば、間違いなく、その意味を感じられる場所であることを保証します。

People

メンバー紹介

Mission ベーシックが目指す未来
Culture ベーシックという組織
note

ベーシック公式note

ベーシックで働くメンバーが日々の仕事の中で「何を考え、どんなことに取り組んでいるのか」をnoteで発信しています。
basic

ベーシック会社紹介資料

ベーシックについてご紹介している資料です。会社概要、事業紹介、働く環境・文化、活躍する人材等、様々な情報を掲載しています。
本気で挑戦する
本気で
挑戦する