自惚れを捨てて、ちゃんと「頼る」。

器用貧乏から抜け出す答えは、きっと継続の向こう側にある。

2017卒渡辺 ひろこ

Webマーケティング事業部 セールス / 鹿児島大学卒業

一歩ずつ、着実に前へ。迷わずに進める基盤があるから目の前のことに夢中になれる。

2017年新卒神田 智貴

Webマーケティング事業部 セールス
関西大学卒業

役に徹することとスキルの習得。両軸やり切れたとき、それは自分の血肉になる。


僕は2017年に新卒としてベーシックに入社し、中小企業がWebマーケティングを簡単に実践できるようにするためのオールインワンマーケティングツールを提供するチームに所属しています。その中でも、お客様に現状をヒアリングしながら課題を顕在化し、私たちが提供するツールを使ってそれらが解決されるイメージを持ってもらうコミュニケーションの部分を担う営業が、自分の今の役割です。
チームでは、自分たちの役割を「お客様の問題解決をする”ソムリエ”」と定義しています。豊富な知識と経験を持って、気分や食事に合わせていつでも最適なワインを提示できるソムリエのように、お客様によって異なる課題に合わせて、最適なソリューションを提案できるWebマーケティングのプロフェッショナルである、というイメージです。

どんなスキルを持っていることが”プロフェッショナル”であるために必要なのかも明文化されています。たとえば自分のチームだと3つの要素があり、「営業力」、「Webマーケティング力」、そして「業界の知識/課題」です。特に営業力の部分は5段階にレベル分けされていて、その中でもそれぞれ評価項目があり、それに則って定期的にテストを行います。入社当初は右も左もわからないような状況の僕でしたが、何ができて何ができていないかが可視化されるレベルチェックの仕組みがあったからこそ、内容を反復徹底し確実に狙った領域で習熟できている、という実感があります。

上手く行かない日々。でも、「すべきこと」は明確だった。


とはいえ、最初から全て順調にいったわけではありません。配属当初はそのレベルチェックにかなり苦戦しました。何度やってもうまくいかず、同じテストに1周目で合格する同期もいる中、自分は3周目に入っても受からずに足踏みしていた時期がありました。
そこで、自分一人で考えても前に進めないと思い上司に相談したんです。その時いただいたアドバイスは特段特別なことではなく、うまくいかない原因と改善策のシンプルなフィードバックでしたが、それを毎日実行しました。そうすると実際にレベルチェックにも合格できるようになり、また自分の目標も達成できるようになったんです。その時に目標設定を細かく置くことの大事さを知りました。これはかなり有効だと思ったので、それ以降個人的にも裏目標を毎月設定するようにしてます。こうしたスキルセットの共通化の基盤は、チーム全体のレベルの底上げを支えているなと感じています。

幸せなことに、貢献したいチームがある。


1つ、自分が学生時代から大事にしている言葉があります。それは、「無我夢中になれる瞬間を一瞬でも長く」という言葉です。自分がアルバイトしていた塾の先生に言われた言葉なんですが、結局自分が夢中になれるかどうかが人生の充実度を決める、ということです。大学1年生当時、高校3年間の充実度と比べると、ひどく無気力な時間を過ごしていた自分に嫌気がさしていたこともあり、 この言葉に心から共感したのを覚えています。
自分の達成感や喜びと共にあるのは、いつの時もそれを一生懸命、本気でやった事実だけしかない、と思っています。今の自分はそういう意味で、自分が心から貢献したいと思える事業や仲間のもとで、すべきことと自分の役割が明確にある環境に身を起き、夢中になれていることは幸せだと思います。今はたくさん支えてもらっているからこそ、これからは自分がチームを鼓舞できる存在に成長していきたいと思っています。

voice

ヒトの声

セールス
渡辺 ひろこ
2017年入社 / 新卒
マーケター
佐藤 亮太
2015年入社 / 新卒
セールス
神田 智貴
2017年入社 / 新卒
ディレクター
山本 瑞人
2015年入社 / 中途