自惚れを捨てて、ちゃんと「頼る」。

器用貧乏から抜け出す答えは、きっと継続の向こう側にある。

2017卒渡辺 ひろこ

Webマーケティング事業部 セールス / 鹿児島大学卒業

型があった方が成長は早い

「あり・なし」どちらも経験し、成長スピードの違いを実感。

2015卒佐藤 亮太

Webマーケティング事業部 マーケター / 東北大学卒業

型があった方が成長は早い「あり・なし」どちらも経験し、成長スピードの違いを実感。

2015卒佐藤 亮太

Webマーケティング事業部 マーケター / 東北大学卒業

入社後すぐに憧れの新規事業へ!暗中模索、無我夢中で駆け抜けた1年目。


 僕が入社した2015年当時、ベーシックでは事業創造をキーワードに掲げていて、自分も何か新規事業を立ち上げることに携わりたいと思って入社しました。入社後、希望通り当時立ち上がったばかりのサービスに営業として配属されました。当初の営業メンバーは事業責任者と自分を含めた新卒2名のたった3名。
先輩もいないので、営業のトークスプリプトのようなものも当然存在せず、とにかく何もない状態のスタートでした。手探りで情報収集し、試しながら少しずつ前進する。自分たちでとったアポに商談に行って、提案書も作成して、契約書も作って。コンサルからメールマーケ、イベントの企画運営まで全部やっていました。

マーケティングの上流から下流まですべて行っていたので、当たり前だけれどもすべて自分ごと。当事者意識は身についたし、振り返っても事業の最初のフェーズから携われたことはいい経験だったなと思います。しかし「成長」という観点では、実は同じチームに営業経験者が加わった2年目からの方がそのスピードは圧倒的に速まったんです。

「型」の力を実感。集中と継続、そしてアウトプットのレビューが成長の鍵。


 1年がむしゃらに駆け抜けて、2年目になった時、他部署の営業の先輩が自分がいる営業チームに異動してくることになりました。今までわからないなりに自分で考えながら進めていたことが、ようやくそこで初めて営業のいろはを学ぶことで、自分がしてきたことがどうだったのか客観的に振り返ることができました。
そうするとかなり無駄が多かったこともわかったし、「型」があることですべきことに集中でき、結果成長のスピードが上がるということも体験を通して理解しました。多くのことをオールマイティに同時にこなしていくことへの憧れのようなものもあったかもしれませんが、実際に振り返ってみると、力を分散させず集中して先人が実証している成功方法を真似ること、そしてそれを反復することの重要性に気づきました。

具体的には、先輩の商談を録音した音声と、自分の音声を1日1回聞くこと。これは忙しくても当時必ず毎日続けました。そこで気づいたことを書き出して、また次回の商談で活かす。それを繰り返しました。また、営業チームも拡大してメンバーが増えたので、メンバー同士で音声を聞き合ってフィードバックを行うこともよくあります。

その中で自分はそれまでお客様に対してかなり一方的なトークをしていたことに気づかされました。必死にインプットした知識を相手の理解などお構いなしに話し続けたり、ろくにヒアリングもせずに「そのパターンでしたら解決策はこれです」と、決めつけるようなコミュニケーションに陥っていたんです。それはフィードバックを受けたからこそ気づけたこと。自分のアウトプットが客観的にみてどうなのかを定期的にチェックする仕組みは、成長には欠かせない要素だとわかりました。

結果を出した先に得た機会。フィールドは違えど、応用が効くのは基礎を構築してきたから。


 3年目に入り後輩も増えた頃になると、自分の目標を達成することはさほど難しくなくなってきました。そうすると、そろそろ次の挑戦をしたい、できることを増やしたいという気持ちが日増しに膨らんでいきました。そこでその思いを上長や人事に相談したところ、適正と今後のキャリアを勘案し今のマーケティングチームへの異動を提案してもらいました。
その時にもちろん転職という選択肢もあったと思いますが、僕はここで成長することを選びました。理由は、プロダクトが目指すビジョン・ミッションの実現がまだ志半ばであること、そしてプロダクトへの愛着もあるしそれを実現するために共闘してきたメンバーが好きであること、そして今後もサービスの拡大と共にメンバーと一緒に成長したいと思ったからです。

マーケのチームにきてまだ数ヶ月。わからないことだらけではあるものの、教えてくれる先輩もいるしマーケの型もあるから、この場所でも効率的に新たなスキルを手に入れられるなという期待と手応えがあります。それに最初に営業として最前線でお客さんと接していたからこそ、画面の向こう側のお客さんの気持ちを考えながら施策を考えられる。その力はメンバーの中でも長けていると思うし、僕がマーケチームに還元できるインサイトもあるなと思います。

僕は結果として、入社当初の何も型のない1年と、2年目以降の型を踏襲した1年、どちらも経験することができました。だからこそ、的を絞って一定期間集中的に継続することの大切さが今はよくわかります。そしてきちんと習熟すれば次のステージに進んだ時も基礎が構築できている分、応用が効く範囲が広くなります。変化の激しい業界なので、もちろん揉まれながら進まなければならないこともあるし、予期せぬ形で新たな機会を得ることも今後あると思いますが、今までの経過成長で得たスキルは裏切らないと思うので、マーケターとしての次のステージでもやるべきことに集中してはやくチームに貢献したいと思っています。

voice

ヒトの声

セールス
渡辺 ひろこ
2017年入社 / 新卒
マーケター
佐藤 亮太
2015年入社 / 新卒

この内容で送信します。よろしいですか?