Reason

入社を決めた理由

林 宏昌

林 宏昌

取締役 COO 事業本部長・ferret One事業部長

シンプルに言えば、代表の秋山とやりたいことが一致していたから。といっても、事業やサービスなど具体的な話ではなく、「人の情熱や可能性への期待感」や「人の生き方、働き方を良くするために何ができるか」といった根本的なテーマで盛り上がり、いつしか「一緒にやりましょう!」ということに。

私はもともと「人生デザイン」をより自由にできる社会を目指していて、すでにリデザインワークという会社を立ち上げていました。そちらでは大手企業を対象とするのに対し、ベーシックではSaaSやメディアを駆使して個々の働き方を改革する。両者が相乗効果を発揮できれば面白いと考え、入社を決めました。

角田 剛史

角田 剛史

執行役員 CAO コーポレート本部長

人々の情熱を妨げる問題を解決し、それぞれが強みとする分野に集中してもらう。そうして個々の生産性を高めていけば、その総和が日本全体の価値向上につながる。ベーシックの掲げる「問題解決」に込められたそのような大きなビジョンに惹きつけられたのが、そもそものきっかけでした。

そして代表の秋山をはじめ複数の社員と話す中で、それに向かって本気で挑戦している人たちの仲間に自分も加わりたいと思えたことや、まだまだ成長途上の整備されていない会社だからこそ私のこれまでのキャリアを役立ててもらえると感じたことが、入社の決め手です。

佐々木 陽

佐々木 陽

執行役員 CSO PLG事業部長

そもそものベーシックとの接点は、SaaS専門のコンサルタントとして顧問を務めていた会社の一つであったことでした。ベーシックという会社を見ていて感じたのは、成長への貪欲さ。他の顧問先と比べても圧倒的に質問が多く、「何としても成長したい」という気概が伝わってきて、それだけに吸収も早い。気付けばベーシックのメンバーと仕事をするのが楽しみになっていました。

また、コンサルティングという仕事にやりがいを感じてはいたものの、過去の経験を活かしたアウトプットが主体のため、次第にインプットとのバランスに自ら不満に感じるようになっていました。「そろそろ自分でも何かに挑戦しインプット総量を増やしたい」「最前線で働きたい」との思いもあり、一緒にいて気持ち良いメンバーと風通しの良い経営チームと一緒で挑戦したいと思い、入社を決めました。

櫻庭 洋之

櫻庭 洋之

執行役員 CTO

かつては領域的にベーシックとも競合する会社に所属していましたが、事業がうまくいかず路頭に迷っていたところ、縁あってベーシックの開発チームと話をする機会をいただきました。一方のベーシックは非常に好調で、同業でありながらどうしてこれだけの差が出るのか、その理由を深く知りたいとの思いから入社を決意しました。

実際に働き始めると、ベーシックの開発思想として、「自分たちがいいと思ったもの」ではなく、「ユーザーや社会が求めているもの」を徹底的に追求して作っているということを肌で感じました。これは以前の会社とはある意味真逆で、いくら良いと思ったものを作っても、ユーザーに使ってもらえないのであれば価値がないと言うことを痛感しました。その上で、ベーシックではチームで開発することを重視しており、エンジニア同士で技術について日々ディスカッションできる点も大きな魅力でした。

元田 宇亮

元田 宇亮

PLG事業部 新規事業開発部長

前職ではCFOとして経営に携わってきました。次はコーポレートではなく、事業サイドに軸足を置きたいと考えていたところ、CSOの佐々木から誘いを受けてベーシックに転職しました。

「Webマーケティングの大衆化」というミッションに共感したことや、優秀な経営メンバーと近い距離感で働けること、体系立てられたWebマーケティングの知見を学べること、幅広い事業や組織モデルに触れられることなどが入社の決め手となりました。

伊藤 総和

伊藤 総和

コーポレート本部 人事広報部 マネージャー

転職の際に重視していたことは、これまでの採用知見を活かし昇華できる場であること、CxO人材と近い距離で働き経営視座を学べる環境にあることでした。

ベーシックは自身の希望が叶う環境であることに加え、マーケティングの大衆化という大きな社会課題にチャレンジしていく姿勢、事業の高い成長性、明確な将来ビジョンがあります。最終的には面接で感じた代表の秋山の熱意、役員陣の魅力が大きく入社を決めました。

神田 智貴

神田 智貴

ferret One事業部 セールス部長

在学中、教師を目指す中で現在の学校教育のスピード感の遅さに疑問を感じ、一般企業も視野に就職活動を展開していたところ、就活イベントでベーシックを知り、興味を持ちました。

自分の価値を発揮できることを軸にしたとき、目的から逆算して成果・達成を目指すベーシックに惹かれて入社を決意しました。

島田 翔平

島田 翔平

ferret One事業部 CS企画部長

これまでのキャリアの中ではカスタマーサクセスの企画領域に最もやりがいを感じており、その分野に特化したいという想いが強く転職を決意しました。

複数の候補で悩む中、ベーシックが掲げる「Webマーケティングの大衆化」というミッションに共感したと共に、「ベーシックなら、後悔させないキャリアを提供できる自信がある」という役員の言葉が刺さったことから入社を決めました。

小幡 鈴

小幡 鈴

PLG事業部 formrun部 プロダクトグループ

就活の軸としたのは、企業理念への共感、それが社員に浸透しているかどうか、無形商材を扱っていること、複数の事業を持っていることの4点でした。

ベーシックは、それらの就活の軸に合致していたことに加え、採用担当者との密なコミュニケーションを通じ、自分に合う雰囲気を感じたことから入社を決めました。

唐澤 貴大

唐澤 貴大

開発部 ferret One MA グループ マネージャー

ひとつは、大学生時代に趣味でやっていたプログラミングの方向性が、ベーシックが当時会社のミッションとして掲げていた「問題解決」と近かったこと。もうひとつは、ベーシックのエンジニアの開発風景がとても楽しそうだったこと。

最終的には、代表・秋山の「情報が届くべき人に届くようにしたい」という思いが、自身が学生時代から感じていた課題感と同じであったこと。この3つがあったから、ベーシックへの入社を決めました。

清水 英次

清水 英次

コーポレート本部 経営企画部長・内部監査室長

転職を考え始めていた際に、知人を介してベーシックの経営陣と話をさせていただく機会があり、世の中の問題を解決していくことに対する「情熱」や「人柄」に惹きつけられたのが最初のきっかけです。監査法人という全く別の業種からの転職である私にとっても、「やりがい」があり「成長」ができるチャレンジングな環境であることを強く感じました。

自分がこれまで蓄積してきたスキルと、ベーシックの皆が持っているスキルを掛け合わせて、世の中の問題を解決していけることにとてもワクワクし、入社を決意しました。

望月 幸太郎

望月 幸太郎

開発部 VPoE・ferret One事業部 プロダクト部長

私はプログラミングや数学が好きで、とにかくエンジニアとして成長していきたいという気持ちを強く持っています。面接にてCTOの櫻庭と話した際に、私に負けない彼のプログラミングに対する情熱に胸を打たれ、入社を決めました。

ベーシックには櫻庭の他にも、プログラミングが純粋に好きなメンバーが本当に多く、より良いコードや良い設計について日々議論しながら仕事を進めています。私と同じような思いを持つエンジニアにとって非常に魅力的な環境だと感じています。

堀口 慎之介

堀口 慎之介

開発部 PLG UXグループ

ベーシックがBtoBにまつわる問題解決をするプロフェッショナル集団ということにまずは強く惹かれました。それに加えて、働いている一人ひとりが誰に対しても暖かく、カジュアル面談の時点で「こんな素敵な人達の仲間入りがしたい!」と直感的に感じたことが入社の決め手です。

個人的にBtoB SaaSのサービスデザインに携わりたかったという思いは根底にありますが、それ以上に「誰と一緒に働くか」を重視していた私にとっては、とても魅力的な会社でした。

Mission ベーシックが目指す未来
Culture ベーシックという組織
note

ベーシック公式note

ベーシックで働くメンバーが日々の仕事の中で「何を考え、どんなことに取り組んでいるのか」をnoteで発信しています。
basic

ベーシック会社紹介資料

ベーシックについてご紹介している資料です。会社概要、事業紹介、働く環境・文化、活躍する人材等、様々な情報を掲載しています。
本気で挑戦する
本気で
挑戦する